忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月9日
06:30、名人と北岸で待ち合わせ!
早めに到着し待機していると名人も到着。

 

名人から7日の状況を聞きながらポイントへ
名人の話では、1投目からベイトの反応があり、終了するまで続いたそうです。

だが、今日は1時間ほど経過してもベイトの気配は感じられない。
そんな中キャストを続けているとベイトの気配が、早速、名人にヒット!
駆け寄るとシーバスでした。
間も無く俺にもヒット!ヘッドシェークするが外れない、
暫く外れるのを待ってみたが外れないのでシーバスを回収。

 

この釣方はオオニベのバイトを感じるまで合わせず、
ひたすらハンドルを回しフックから外れない魚のみ回収。
ひたすらオオニベのバイトを待つ身としては、このシーバスは迷惑魚になります。
その後は、2人共ノーバイトで15:00終了。

12月10日

 

師匠と北岸で待ち合わせの予定だったが、工事で北岸の状況が悪くなり南岸で待ち合わせ。

 

師匠親子と合流、南岸のポイントに着いてビックリ!!!
昨日まで手前のテトラは頭だけしか出ていなかったのに、砂が削り取られ一夜で激変。
カフェオレ状態の海を見て全員愕然!!

 
(奥の砂の高さまでテトラは埋っていました)

こんな状況下では難しいと思いながらも実釣開始。
結果、藤也君が60cm前後のヒラメを1匹ゲット、他はノーフィッシュ。
師匠「藤也、そのヒラメ小黒さんにあげたらどう
辞退したが、藤也君に「どうぞ」と言われ、有難く頂きホテルのスタッフにお土産。

サーフフィッシングを始めて、初めて他のアングラーからヒラメを頂きました。
ホテルに帰ると名人から電話、「明日南岸でどうですか?
名人のお気遣いに感謝し就寝。

12月11日

 

04:30、起床したが気分が優れず、06:00名人に事情を話し2度寝。
3時間ほどで目が覚め思案した結果、南岸へ直行。
名人に挨拶し状況を尋ねる「駄目ですね」と言う返事。

 

昨日のサーフとは一変し、今度はテトラが半分ほど埋っていた。
海の状況は良くないし、東京を発って17日目一日も休まず今日に至り、
疲労が蓄積したのか疲れを感じキャストは余りせず、名人の釣りを見て時を過ごす。
13:00名人も終了したので宮崎市内の釣具店へ。


NO11につづく



PR

128(親子鷹)


06:30、先生並びに山脇夫妻と南岸で合流、俺たち以外誰も居ない。

 

今日こそはと祈る気持で実釣開始。


グチの気配はあるが、群れが小さいのか数投で気配は消える。


先生は帰り残った3人でグチを探り、たまにグチの反応が有っても
オオニベの反応はなく、時間だけが経過する。


14:00頃、師匠親子が現れる。


師匠「昨日、押川さんが北岸でメーター弱のオオニベ2匹と、シーバス5匹ゲットしたとの電話が入り、連絡しようと思いましたが、20kgオーバーは出そうも無かったので連絡しませんでした


更に話は続く「3人で北岸に行き全員ヒットしましたが、全員バラシテしまいました」 


詳しく聞くと、息子さんのオオニベ取り込み時、尾鰭に手が触れたが親子のタイミングが合わずバラシテしまい、藤也(息子)君の機嫌が治まらないので此処に来たそうです。


初めて会う藤也君、父親譲りか釣りセンスは抜群でした。


5人で15:30まで叩いたが全く反応が無い。


師匠「今日は無理ですね、終了しましょう


師匠は別の場所に駐車していたので別れの挨拶をし、
300mほどサーフを歩き階段を登り切った所で


ニモ「未だ手を振っています


俺「恋人同士の別れみたいだね」と、3人で手を振る()


昇「手の振り方が変ですよ


ニモ「ヒットしている」慌てて2人のもとに駆け寄る。

 
(藤也君が掛け師匠はギャフを持ちホローに回る)

師匠「別れた後、泣きの
1投でグチとニベのアタリがあったので、藤也に投げさせたらヒットしました


 

30.40分後、見事にゲット!


師匠「藤也これで朝のバラシは帳消しだな


藤也「はい」良かったですね、ご両人。

 
(全長125cm 重量18,4kg)


俺「今、膝、笑っている?


藤也「掛けた時からずっと笑っています


師匠「サイズは望めませんが、10日、北岸に行きませんか


俺「サイズはともかく、1匹釣って余裕を持って後半に臨みたいですね」と、
約束を取り付け駐車場に戻る。


藤也君(中学3年生)の勇姿




http://www.point-i.jp/index.php?id=miyazaki-photo01&tx_ttnews[pointer]=5&tx_ttnews[tt_news]=198612&tx_ttnews[backPid]=1691&cHash=d76915db32



今回で
3回目の判断ミス、俺が背中を向け帰りかけるとヒットする、
なんと運の無さか



オオニベ釣りの引き際の難しさを痛感!


ホテルに帰ると名人から「明日、北岸に行きませんか」と、お誘いの電話。


俺「宜しくお願いします


明日が待遠しい!


 


NO10につづく



122


昨日の事もあり期待を胸に南岸のポイントに入ったが、
一夜で生命感が全く無くなり、名人共々撃沈。

123


今日は俺1人、今日もグチの反応は無く、昨日と同じくノーバイトで16:00終了。

124

 

今朝は珍しく水面にベイトの気配、キャスト開始まもなく強烈なバイト!
合わせを入れると、ドラグが悲鳴をあげラインが出て行く。


 

遂に」と緊張したが、走りと引きが違うじゃ無い、
だが、ラインは未だ出ている、暫くしてドラグ音が止み走りは止また。


その後は比較的簡単に寄って来る、
波打ち際で背鰭と尾鰭が見えた時はサメかと思いました。


 
(サワラ 85cm  3.7kg)


その後サゴシが1匹釣れたが、後が続かず沈黙。

 

日の出とともに名人も到着、たが、今日も前日までと同じくグチの反応が無いまま16:00終了。


名人「明日も無理かと思うので、エリアを変えてみては如何ですか」と、アドバイスを頂く。


 


125


名人のアドバイスにもかかわらず、今日も南岸のポイントで撃沈。


他のアングラーに釣果を尋ねるも「ノーバイトです」と、言う言葉しか帰ってこない。

 

帰りの道筋で目にしたカマキリ、冬だと言うのに未だ居たのでシャッター!


 


126

 

今日も南岸のポイントにこだわり、撃沈。


多数のグチ釣り師に釣果を尋ねても、02匹と言う返事しか帰ってこない。


そんな中、京都から来ていたアングラーに、
95cmのオオニベとのツーショット写真を見せられた。


ポイントを尋ねると「知人に連れて行ってもらったので良く分かりません」との事。


ホテルに帰ると、今日も定時刻に昇さんから釣果の確認電話。


今日も期待を裏切る結果を話すと、状況の厳しさに昇さんも溜息
此れがオオニベ釣りの現実だ」と、意見は一致。


明日は、昇さんとニモさんも加わっての釣行、楽しい釣りが出来そう。


 


127


今日は久々にグチの気配は有るが、群れが小さいのかすぐ消える。


結果、昇さんが60cmのヒラメをゲット、俺はサゴシ1匹のみで今日も撃沈。


だが、北岸で名人が爆釣していた事を未だ知らない。


車に戻るとワイパーに何かが挟まっている、
よく見ると京都のお土産!
95cmのオオニベをゲットした彼からでした。


昨年は1週間、今年は5日間の予定で来ていたが、今日が最終日だったようだ。


確かに受け取りました。ありがとうございました


 


NO9につづく


121


6時過ぎに駐車場に着くと、既に山脇夫妻の車が止まっている。


準備を済ませ、外気温3ながらもポイントまで1kmほど歩くと流石に体が温まる。


3人いると思ったが、先生は昨日会ったポイントでやるとの事。


実釣開始。


 
(今日も穏やかな一日になりそう)


 
(反応が無いので休憩し記念撮影) 


山脇夫妻は3年前、オオニベに魅せられ神奈川県から宮崎県に移住したが、
実物のオオニベは未だ見ていないとの事。


 

ニモ「オオニベに近付いているような気がします」と、ヤル気満々。


08:00頃、名人と師匠(押川さんと井戸川さん)2人のオオニベハンター到着。


山脇夫妻を紹介し、レクチャーを受け5人でキャスト開始。


 

昇さんにヒット!現場に緊張と歓声が巻き起こったが、トビエイでした。


その後、小さいグチの群れに当たるが、5人ともニベの反応は無いまま正午になり、


昨日のヒット時間前に昼食を済まそうと、山脇夫妻と3人で現場を離れ車で食事に。
2回目の判断ミス!


食事を済ませて戻ると、名人が大きく手を振る
まさか」と思いながら駆け寄ると、師匠がオオニベをゲットし砂浜に埋めてあった。

俺たちが来たので掘り起こし、計量すると何と145cm25kgもありました。


口々に「デカッ」と、声を上げたまま暫しオオニベに見惚れ、己の判断ミスに嘆く。




師匠とオオニベ




http://www.point-i.jp/index.php?id=miyazaki-photo01&tx_ttnews[pointer]=3&tx_ttnews[tt_news]=197960&tx_ttnews[backPid]=1691&cHash=03b2eab5c5


その後、グチの気配は無く全員ノーバイトで16:00終了。


 


駐車場までの道中 


地合い時、食事に行っていた俺たちの運の無さをボヤキ・・・


ニモ「せめてファイトシーンを観たかった」とボヤク。


だが、3人共確実にオオニベに近付いていると確信
話もポジティブな内容に変わり会話は弾む。


 


NO8につづく 


 

1130(運命の出会い)


準備を済ませ06:20サーフに下りる。 


入りたいと思っていたポイントには既に3人の人影。


ルアーをセットし、ドラグ調整、ドラグを締めながらラインを徐々に引き調整していると、
突然、滑るようにラインが出る。


ドラグを更に締めるが変わらない、MAXまで締めたが相変わらずラインは出る、
やむなくスプールを取替えセットし直す。


スプールに結んだPEが解けていた事が原因でした。


何をやっているんだ俺は、こんな事が続くようでは今年は駄目だな」と、
釣行開始
3日目で直感!


トラブルに焦りと苛立ちは積もるばかり、以前はこんなトラブルを起こす俺では無いと自負していたのに、注意力が散漫になっている俺!しみじみと歳を感じる出来事でした。


短期間で3度も単純なトラブルを起こすようでは、
今年が最後の遠征になるのかなと考え始める。

 

実釣開始間も無くサゴシがヒット!




 

少し気持が落ち着いた頃、日の出


明るくなり3人の人影もハッキリ見え、目を凝らすと、
毎年お会いする小学校の先生と山脇夫妻でした。


 
(昇さんとニモさん)



1
年ぶりの再会を喜び合い、近況と釣り情報交換。


暫くして先生は帰宅、残った3人で11:00まで叩いたがノーバイト、
昼食に行くため午前の部終了。


 
(昨年の1212日撮影)




 

今年はグチが居ないのか投げ釣り師は居ない。


俺が思うにオオニベの餌(ベイト)であろうグチが釣れていない事に不安を感じる。


昨年までのポイントは捨て、午後からは単独でサーフを偵察移動。


1kmほど歩いた所で俺好みのポイント発見、既に先行者が2人。


邪魔にならないポイントでキャスト再開すると、先行者の1人が手招きをする。


近寄ると「今日で何日目ですか?」と尋ねられ驚きました。


答えながら改めて顔を見ると、会話はした事は無いが、
過去に何度かお会いしたアングラーでした。


彼「実は今朝見掛けた時、そこじゃなく向こうですよと声を掛けようかと思ったのですが、他に3人居たので声を掛けませんでした」と言われビックリ!


11時頃、このポイントで過去最大のオオニベを掛けたが、フックアウトでバラしたとの事。


あそこにキャストしてみてください」と言われた方向にキャストすると、
今年は未だ一度も感じなかったグチの感触。



何なんだ!まるで見えているようだ」と思ったが、
彼は見えていて正確にグチの群れにキャストをし、
グチの感触を感じながらオオニベを追っている。



彼に質問すると、今まで自分がやってきたことや、
他のアングラーから聞いていた事、媒体から得た情報等を覆す答えに
目から鱗でした。


彼の言葉


1.オオニベの餌はグチ。(俺も一昨年辺りからそう思うようになった)


2.ポイント選択は一致するが(俺には確信がなかった)


3.夜釣り、朝マヅメ、夕マヅメ、曇り空、潮周り等は全て無視。


4.実釣8時~16時、晴天無風でベタ凪を好んで釣行、おやつ持参で待機時間をタップリ取る。


5.独特の釣方(詳細は控えます) 


6.グチの探し方(詳細は控えます)


話しが少々飛びますが、今までいろんな釣りをしてきましたが、
師匠と呼びたくなるような人には出会えなかったし、師を求める気も無かった。


だが、今回、初めて師匠と呼びたくなるアングラーにお会いしました。


その人の名は、井戸川さんです。俺より25歳若い。


いろいろ御教授頂いていると、14:00頃、一人のアングラー(押川さん)が現れる。


井戸川さんに紹介されましたが、以前お会いしたことがありお互い記憶がありました。


井戸川さんとは釣友で別々にポイントを探していたが、
井戸川さんからの連絡で来られようです。


この方も凄い、11月上旬、既にメーターオーバーをゲットされていました。


1時間ほどご一緒したが、反応が無いのでお勧めの鉄板バイブ購入のため終了。
1回目の判断ミス!


2人に別れを告げ100mほど歩いた時、後方から叫び声が、
振り向くと押川さんがファイト中、井戸川さんがホローに回り、
ナイスコンビネーションでオオニベゲット、計量すると何と
142cm23.5kgでした。

 

俺が追い求めていた20キロオーバーを、到着して僅か1時間後にはいとも簡単にゲット。


3人で祝福の握手を交わし喜びを分かち合った。


 
(オオニベの口)


井戸川さんが話されていた事が、目の前で実証され感動しました。


今までの俺は、オオニベ釣方は確立されていないと思っていましたが、
完全に確立されていた事に改めて驚かされました。


2人に「明日、今朝見た3人を連れて来たいのですが」と話したら、


2人から「良いですよ」と快諾を得たので釣具店に走る。


鉄板バイブ購入後ホテルに戻り、昇さんに午後からの出来事を話し、
話したエリアで落ち合うことにした。


 


NO7につづく



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]