忍者ブログ

128(親子鷹)


06:30、先生並びに山脇夫妻と南岸で合流、俺たち以外誰も居ない。

 

今日こそはと祈る気持で実釣開始。


グチの気配はあるが、群れが小さいのか数投で気配は消える。


先生は帰り残った3人でグチを探り、たまにグチの反応が有っても
オオニベの反応はなく、時間だけが経過する。


14:00頃、師匠親子が現れる。


師匠「昨日、押川さんが北岸でメーター弱のオオニベ2匹と、シーバス5匹ゲットしたとの電話が入り、連絡しようと思いましたが、20kgオーバーは出そうも無かったので連絡しませんでした


更に話は続く「3人で北岸に行き全員ヒットしましたが、全員バラシテしまいました」 


詳しく聞くと、息子さんのオオニベ取り込み時、尾鰭に手が触れたが親子のタイミングが合わずバラシテしまい、藤也(息子)君の機嫌が治まらないので此処に来たそうです。


初めて会う藤也君、父親譲りか釣りセンスは抜群でした。


5人で15:30まで叩いたが全く反応が無い。


師匠「今日は無理ですね、終了しましょう


師匠は別の場所に駐車していたので別れの挨拶をし、
300mほどサーフを歩き階段を登り切った所で


ニモ「未だ手を振っています


俺「恋人同士の別れみたいだね」と、3人で手を振る()


昇「手の振り方が変ですよ


ニモ「ヒットしている」慌てて2人のもとに駆け寄る。

 
(藤也君が掛け師匠はギャフを持ちホローに回る)

師匠「別れた後、泣きの
1投でグチとニベのアタリがあったので、藤也に投げさせたらヒットしました


 

30.40分後、見事にゲット!


師匠「藤也これで朝のバラシは帳消しだな


藤也「はい」良かったですね、ご両人。

 
(全長125cm 重量18,4kg)


俺「今、膝、笑っている?


藤也「掛けた時からずっと笑っています


師匠「サイズは望めませんが、10日、北岸に行きませんか


俺「サイズはともかく、1匹釣って余裕を持って後半に臨みたいですね」と、
約束を取り付け駐車場に戻る。


藤也君(中学3年生)の勇姿




http://www.point-i.jp/index.php?id=miyazaki-photo01&tx_ttnews[pointer]=5&tx_ttnews[tt_news]=198612&tx_ttnews[backPid]=1691&cHash=d76915db32



今回で
3回目の判断ミス、俺が背中を向け帰りかけるとヒットする、
なんと運の無さか



オオニベ釣りの引き際の難しさを痛感!


ホテルに帰ると名人から「明日、北岸に行きませんか」と、お誘いの電話。


俺「宜しくお願いします


明日が待遠しい!


 


NO10につづく



PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]