忍者ブログ
静岡県(ジャクソン社)~東京(我が家)に【飛び過ぎダニエル】+紙爆弾(カタログ)が着弾!

2017年度のカタログ


【飛び過ぎダニエル】のプロト!


昨年宮崎遠征中にプロトが我が家に着弾していたが、妻から知らせが無かったので帰京するまで知りませんでした。

遠征終了後一度も釣行していないので、【飛び過ぎダニエル】の飛距離&スイム等の性能は分かりませんが、見た目で判断する限り「非常に完成度の高いルアーだと思います」
【飛び過ぎダニエル】は未使用のため分からないので、ジャクソン社の説明文をどうぞ!

★高強度の1mm ステンレスプレートの後方に鉛でボディを形成し、重心を極端に後方化。
「超」後方重心が生み出す飛距離は、同ウエイトのメタルジグを遥かに凌駕!
まさに飛び過ぎ・・・また尾翼の役割も果たすこのステンレスプレートにより、飛行姿勢は抜群の安定感。

そして圧巻はそのアクション、、、度重なるテストの結果、ついにメタルジグやスプーンではこれまで決して出せなかった、プラグ系のワイドウォブリングアクションをスローリトリーブから演出可能とした!
プラグ同様に腹部にもフックが付いているためフッキング率も激高。プラグの泳ぎでメタルジグ以上に飛ぶルアー・・・「飛び過ぎダニエル」で、今までとは違う『異次元の釣り』を体験してほしい。

【飛び過ぎダニエル】 
★Size:80mm ★Type:Super Sinking ★Weight:30g ★Hook:#6 ★Price:¥1,100(税別)


上:LIW  ライブイワシ
下:LKS キス


上:GRC アカキン
下:GCH グローチャート


WHE ヒラメノエサ

【ギャロップ スイマー】 
★ヒラメなどの下から突き上げるようなアタックのフッキング率を高めるために、腹部にもフックを備えたメタルジグ。やや強引なやり取りにも耐えられるよう、搭載したフックは、前後のフック同士のハングアップや、テーリング等のトラブルを発生させないギリギリのサイズまで大きくしました。スローリトリーブではタイトなロールアクションですが、リトリーブスピードを上げていくとスプーンのようにボディ全体を左右に大きく振るスイングアクションへと変わります。
単調になりがちなサーフの釣りでも、リトリーブスピードの変化によってアクションの質を変化させることができ、今までとは違ったアピールができます。
引き抵抗も軽いので魚のアタリが明確に判るとともに、長時間の使用でも無理なく投げ続けることができます

【ギャロップ スイマー】  
★Size:78mm ★Type:Super Sinking ★Weight:38g ★Hook:#5 ★Price:¥800(税別)


上:CIW イワシ  
中:BPI  ブルピンイワシ
下GRC  アカキン


上:CCY チェリーキャンディー
下:CRB レインボー


【ギャロップ スイマー】 
★Size:70mm ★Type:Super Sinking ★Weight:28g ★Hook:#6 ★Price:¥770(税別)

昨年の11月の撮影前日、釣れない時季の遠州灘で唯一釣れたルアーですが、フリーフォールするとフロントフックがラインに絡まりやすいので、テンションかけてフォールする事をお勧めします。


上:SGR ゴールドレインボー
中:GSV グローシルバー
下:KPI  セイムラピンクイワシ


上:GHE ヒラメノエサ
下:SGC ゴールドクラウン

★撮影と言えば、昨年ジャクソン社から「3月に千葉県で【釣りビジョン】の撮影があるので出演して頂きたい」と依頼が有りましたが…
恐縮ですが、以下はオールドアングラーの病気自慢になりますので、スルーしてください。

今回の病状について、昨年11月に入院するよう医師に言われてたのですが、「遠征を優先させたい」と強く申し出た結果、2月入院と言う事で決着しました。
正月明けから歯科医院に13回通院し、4本の歯の治療を2月17日に終了したが、27日(退院後)に3ヶ月定期口腔メンテナンスが待っています。

耳鼻咽喉科に昨年の春から通院しているが鼻炎が治らず、2月7日レーザーで鼻の粘膜を焼く治療(かなり痛かった)を済ます。
2月6日、3ヶ月の定期健診と血液、レントゲン、MRI、心電図、エコー、尿等の検査を行う。

13日に検査結果が出ましたが、今回の入院とは別に、自分でもうすうす気付いていた病状が判明、3月中にその手術をお願いした次第です。
こんな状況ですので、遠征後は一度もロッドは振れず、かなりストレスが溜まっています!

とにかく、2月、3月の2ヶ月間で体のメンテナンスを終了し、4月から釣行再開したいという思いと、入院手術に備え体力作りに励んでいる今日この頃です。
クドクドと書き連ねましたが、命に関わる病状では有りませんので、ご心配ご無用に願います!

PR
12月16日
今朝ホテルで朝食を食べていると、井戸川さんから電話
井戸川さん「今、石崎浜に居るので良かったら来ませんか」
俺「動物園下で気になるポイントが3箇所あるので、先ず動物園下に行き、10時頃そちらに行く予定でいます」
井戸川さん「了解しました。グチ等のバイトがあったら連絡します」
俺「ありがとうございます。こちらでも変化があったら連絡します」



気になる動物園下に行ったら、この光景…
工事の看板では11月末で終了と書いてありましたが、相変わらずダンプが土砂を運び、重機(ユンボ)が法面を作っている。
その訳は、数日前の低気圧通過で土手が削られ、修復工事が再開されたのです。
下の写真は上の写真とほぼ同一場所で、12月8日に撮影したものです。



パート8の12月8日にも書きましたが、低気圧が通過する度にこの有様!



元来は無かったはずのゴロタ石がごろごろ転がっていて、砂浜はズブズブ!



原因は波と雨で法面崩壊!



左斜面の中ほどに色の変わった層がありますが、この色の変わっている所は2015年に行った時は現在のような土手でした。
だが、2016年に行って見ると土手は波に削られ、土手の面影は無く当時を偲ぶ痕跡のみ!

この景色を見て嫌気が差し、石崎浜に移動!
サーフに到着すると三好さんに遭遇、間もなく井戸川さんも合流し談笑、この間ヒデさんはランガンで遥か彼方へ!

井戸川さん「これからドカンに行こうと思いますが」と言う提案に同調し、更にドカンへ移動!
ドカンに到着して見ると、予想外に水色は良く波も穏やか、三人とも気合を入れキャスト開始!

お互いランガンを重ねたがノーバイト!ドカンポイントを見切り、本命の石崎浜に戻るも15:30に俺は終了し、ホテルの帰ったが、二人からは続行するとの事だったが、暗くなっても電話は来なかった。
今日もノーバイト!


12月17日
今日は迷うことなく石崎浜に直行!
到着して間もなく大樹君と1年ぶりに再会。

大樹君「他のサーフで投げていたが、全く反応が無いので」移動して来たとの事
更に、ヒデさん、三好さん、押川さんがたてつづけに現れ、釣りは二の次で談笑にふける。



1時間ほど談笑した後、全員バラけておもいおもいのポイントでキャスト開始!
海の様子は良く、餌釣り師の人達はそこそこグチを釣っているのに、数時間経っても何故か俺達全員ノーバイト!

その後も数は少ないが餌師はグチを釣っているのに、相変わらず俺達ルアーマンには反応が無い。

餌師の様子を見ていると、10日間ほど感じられなかった生命観が、蘇ってきたような気が…

15:30まで叩き、ホテルに帰る前に皆さんに挨拶に回っていると、大分から遠征して来た津田君と遭遇!

津田君に遠征日数と宿泊ホテルを聞くと、「今日から5日間の予定で、同宿ではなく宮崎市内のホテル」との事、晩飯をと思ったが無理のようだ!
今日の海に昨日までとは違うものを感じ、ホテルに帰ると、即、PEラインを逆巻きに巻きかえる作業に着手!

PE1.5号を2個のスプールに300mずつ巻き、日替わりに使用。
使用した日のPEラインの先は5mほどカットし、ラインシステムを組み直して翌日の予備に回す。
ラインの逆巻き作業をしていると、メールが…
「誰か釣れたのかな」の思いながら開くと、山中君から「今、台湾に出張で来ています。その後オオニベ状況は如何でしょうか?」と言う様な内容!
山中君は仕事はこなしている様だが、頭と心は宮崎サーフのオオニベに占拠されているようで…
今日もノーバイト!

【俺のロマンを求めて!】旅日記 パート13につづく

2月9日
先月、塚ちゃんからメールを頂き「来月東京に行きますので、お会いできませんか」
更に、山中君からもメールが届き「今、出張でロンドンに居ます。2月始めには帰れると思いますので、ご飯ご一緒できませんか」
二人とも俺の都合を尋ねてきたが、2月6日に循環器の定期健診と新たな検診があり、その結果次第では入院の可能性があり、約束は保留にしていた。

2月6日、循環器の検診は問題なかったが、もう一つの検診で手術をする事になり入院決定!

医師に俺の都合を話し結果、入院日をずらす事ができたので、二人に会えることになった。

18:30塚ちゃんと合流したが、山中君は仕事の都合で遅れてくるというので、いつもの店で本年初の乾杯!
山中君も30分ほど遅れて来店!



もう一度乾杯のやり直しをし、料理を追加!



井戸川さんとサキちゃんの写真(A3サイズ)を塚ちゃんに託し、山中君には今年1月3.4日に釣ったオオニベ写真を渡す。
その後は、お店の終了時間(22時)まで、宮崎遠征の話題で大盛りあがりした事は言うまでも有りません。








塚ちゃんからは毎回違う珍しい焼酎と、妻への土産と、九州限定釣り雑誌まで頂き、ありがとうございました。





山中君からは台湾出張土産にウーロン茶と、ロンドン出張土産の紅茶を頂き、ありがとうございました。

☆定例会:塚ちゃんが隔月で東京に出張に来た時、一緒に晩飯を食べる会です。

これで思い残す事も無く20日から入院できます。
ちょっとオーバーでした。命に関わる手術では有りませんのでご心配なく!


12月13日
今日は早朝から激しい雨!
昨日から雨が降る事は分かっていたので、今日は休養日にしようと決め、08:00起床。
ホテルの食堂でゆっくり食事をしていると、岐阜から遠征して来た柿崎君も食堂に現れ
彼「相席いいですか」
俺「今日は出撃しないの」と尋ねると
彼「この雨では無理だと思うので、今日は中止します」
談笑しながら食事を済ませ、フロントで両替してもらい洗濯機を回す。



乾燥機が回っている時間が約90分、そうだ!、この間に釣具屋(POINT住吉店)に行こう!



雨降りしきる中、見慣れた町並みを横目に釣具店に向かう。



釣具店に到着、車から降りると店の中からお客さんが出て来て、にこやかな顔で俺に近付いて来る、「アレッ」と思いながら見直すと、なんと三好さんでは無いか!

三好さん「雨で釣りが出来ず退屈なので、暇つぶしに釣具店に来ました」俺と同じだ!
話を聞くと、既に買い物は済み帰る所だったが、俺に付き合い店に逆戻り。

一通り欲しい物を調達し、三好さんと暫し談笑した後ホテルに戻る。
時間通り乾燥機も止まり、洗濯物を畳んで終了。

その後は、購入した物を弄りながらビールを飲み、酔いが回りいつの間にか昼寝!
昼寝から目が覚め、外の様子を窺うと雨は上がっていたが、ヒデさんの車は定位置に有り動いた様子は無い。


12月14日
昨日の雨で、本命サーフは濃いカフェオレ状態、この濁りでは釣りは成立しない。



やむなく20Kmほど北上しながら、5ヶ所のポイントを見て回り、良さそうなサーフでランガンするが、何処のサーフもベイト並びに魚の気配は感じられずノーバイト!


(ハイブリットリール)

このリールを見て気付きましたか?
答え、本体はイグジスト3012Hで、スプールはモアザンブランジーノ3000番です。

実は、モアザンブランジーノ3000番のリールを使っていたのですが、ラインが逆三角形状態でスプールに巻かれ甚だ使い勝手が悪くなり、ワッシャを取り替えればすむ事だが、遠征中なのでそれも儘ならず。

イグジスト3012HはPE1.5号だと200mしか巻けず、オオニベ釣には不向きです。
そんな訳で、イグジスト3012Hにブランジーノ3000番のスプールを取り付け、テストした結果、非常に使いやすい事が分かりました。

話しは元に戻ります。
結局このサーフも反応が無いので、明日の為に本命サーフを釣りはせず見に行くと、ヒデさんとバッタリ!ヒデさんも釣りはせず様子を見に来たそうです。

「今日は無理ですね」と、二人の見解は一致。
更に防潮堤の上を歩いてチェックしていると、遠くから此方に向かって歩いてくる人物が、シュルエッとからして柿崎君のようだ。

柿崎君「今日18:00の飛行機で岐阜に帰ります」とわざわざ挨拶に来てくれた。
俺「10日間お疲れ様でした。気を付けてお帰りください」
AZホテルに残っているのは、ヒデさんと俺のみ、寂しくなりました。
今日もノーバイト!


12月15日
昨日ホテルに帰ると、三好さんから電話を頂く。
内容は、仕事が終わってからサーフを見に行ったら、沖から潮が入って来ていて水色が良く、俺が12月6日に釣ったポイントで、80cmのオオニベを釣ったとの事。

そんな訳で、今日は期待して本命サーフに行ったが、期待に反し、昨日より波は高く水色は更に悪い。
やむなく車で移動。



移動したサーフで見た光景に愕然としたが、叩けそうなポイントも有るのでキャストしていると、井戸川さんから電話を頂き、俺が居る北側で叩いているとの事。

後で行く約束をし、暫く叩いたが当然というか全く反応無し!
干潮時でそろそろ入れそうなので、井戸川さんが居るポイントに車で移動すると、井戸川さんの車が無い。



携帯を確認すると携帯に留守電が有り、井戸川さん、「波が高く濁りが濃いので赤江海岸に移動する」との事。

準備をしていると、押川さんが見え一緒にサーフに下りキャストしていると、14:00頃三好さんも現れる。



3人で叩いたが、反応が無いまま時だけが過ぎ厭戦気分になる。
そんな中、唯一バイトがあり、合わせていないのにフッキングしたようだ。

グチと思いフックが外れるようにラインを緩めたが、外れそうも無いので巻き取ると子ニベでした。

その後は、反応が無いまま16:00頃ヒデさんも現れたが、俺は終了時間になったので皆さんに挨拶し、ホテルに帰る。
今日はワンバイト!

【俺のロマンを求めて!】旅日記 パート12につづく

12月11日
塚ちゃんが福岡県から今季3度目の遠征に来るというので、今日は石崎浜海岸で待ち合わせすることにした。



塚ちゃんと石崎浜でキャスト開始間もなく、塚ちゃんのロッドが弧を描いている。それもバットから!

駆け寄りながら仲間に連絡しようとしたら、塚ちゃん「エイです!」と言いながら、引きを楽しんでいる!



ここ数日ほとんどバイトが無かったので、エイでも掛かればサーフは活気付く。

エイが居ると言う事は、ベイトが居てオオニベもいるかも知れないという思いで、真剣にキャストを繰り返したがノーバイト!

やむなく南に向かってランガンしていると、昨日駐車場で会った同業者に遭遇、釣果を尋ねると、緊張した面持ちで「釣りキチ親父さんですか?ブログ見ています」


(ヒデさん提供)

俺「俺も君のブログ【鱸道】見ています」と答えると、一気に二人の距離感が無くなりました。

俺が彼のブログを見るようになったのは、このブログが切っ掛けでした

http://suzukidou.blog.jp/archives/42220133.html

その訳は、このブログの写真の人物が井戸川さんだったからです。
遡ること昨日、この海岸に向かって走行していると、目の前に大分ナンバーの車が、やたらせわしく走行しているのに気付き、同業者かなと思いながら後方を走行していると、最後の信号で右折したので、違ったようだと思いながら駐車場に到着。

準備をしていると、先ほどの大分ナンバーの車が入って来た。
なんとなく気になり運転手を確認すると、横顔がなんと【鱸道】の彼ではないか!

準備を済ませ彼の前を通ると時、同業者として軽く会釈すると、彼は会釈を返した直後に顔を背けたので、それ以上の会話が無かったのが初日の出会いでしたが、このとき既にブログで繋がっていたわけです!

彼(津田君)と話し始めた頃から白波が立ち始め釣りにならず、仲間が集まって来たので津田君を紹介、シャイな津田君も愉快な仲間たちに会い、すっかり意気投合したようだ。


(左から津田君、井戸川さん、山中君)

幸いにも、津田君が気になっていた人物(井戸川さん)も来たので紹介すると、感激のあまり涙がチビリそうな感じでした。

12時半頃には白波も消え波も収まり、これを機に全員バラけて叩きはじめる。
その後、誰かが釣れたと言う情報もなく、俺は反応が無いまま16時で終了。

今晩は塚ちゃんと居酒屋(黒木屋)で3度目の遠征に乾杯する予定!
今日もノーバイト!


12月12日



09:00誰も居ないサーフ!
ご覧の様に波は穏やかで水色も良いのですが、水面を見ている限り、サゴシは勿論ボラ一匹跳ねない。
ダメもとで叩いてみるが、やはりノーバイト!

今日は地元の仲間も来ず、塚ちゃんも山中君も今日が今年の最終日、残念だがこの状態では釣果は望めそうも無い。
このサーフを諦め、数ヶ所見て回ったが何処も芳しくなく、最初のサーフに戻る。



6月~8月に掛けて咲くはずのテッポウユリが、12月半ばに咲いているこの光景は異常ですね!

とにかく今年の宮崎は暖かく、日中はTシャツで過ごせそうに気候です。
当然水温も高く、オオニベ釣りには不向きな高水温が続いています。
俺の過去のデーターでは、水温は20度前後が理想なのですが、現在23℃以上をキープしています。
但し、あくまでもベイト次第ですが…



水面をいくら見ても何の変化も見受けられない時、上空に異常音!見上げるとモーターパラグライダーが気持ち良さそうに飛んでいる。
ノーバイトの日々が続きストレスが溜まった俺「俺も飛びて~」と叫んでしまった。
16時まで叩いて終了。
今日もノーバイト!

明日は雨の予定、久しぶりに今晩はゆっくり飲めそうだ!

【俺のロマンを求めて!】旅日記 パート11につづく

カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 10 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]