忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月27日
今回の釣行は2泊3日の予定、21:00ベットに付いたがなかなか寝付けず、寝返りを何度も繰り返しているうちに寝付いたようだ。

03:00起床、館山道で通行止めの箇所があり一度降ろされたが、05:50目的の駐車場に到着。
少ないとは言え既に5台駐車している、その内の4台には搭乗者は居ない。

そんな中、以前お会いした同業者も準備の最中だったが、お互い目が合い挨拶。
06:05準備終了、歩き始めると先ほどの同業者が近づいて来た。

目指す方向は同じようなので、彼と並んでサーフに向かっている時の彼の話。

昨日は勝浦で釣り始め、南下して昨夜は江見漁港でアジングしたが、釣れず、南下するほど濁りが酷くなって来たとの事。
彼の話を聞き嫌な予感がしたが、2ヵ月半ぶりの海を見た瞬間嫌な予感は的中!、溜息が漏れる。



波予報とはかけ離れた海の状況、ウネリを伴う高い波と濁りの濃さに暫し呆然!

サーフに下りると彼は南に向かったので、俺は北に向かい水温を計ると25.3℃、明日以降の為にサーフ状況の収集。



白波ではなく泡状態の波が押し寄せる。
これだけの泡が立つという事は、水質が悪くベイトは寄っていないだろうと推測し、更に北へ移動。

北に行くほど遠浅で、高い波の影響で波足も長く釣りは成立しない。
キャスト出来そうな場所で、試しにキャストしてみるも反応は全く無い。

ウオーキングを兼ねて更に北へ移動していると、霧雨が降り始め徐々に本降りに変わる。
そのうち晴れるだろうと思っていたが、止む気配は無いし、雨宿り出来そうな場所もないので車に戻ることにした。

だが、駐車場まで約2.5km、結局サーフを約2時間徘徊し、状況収集は中止!



本降りの中ひたすら駐車場に向かって歩いている時に、癒してくれた花。

ハットもTシャツもびしょ濡れだが、気温が高かった為か寒さは感じず心地好く感じた。



08:00駐車場に戻って見ると一台も車は止まっていない、5.6人居た同業者は既に撤収したようだ。

しばらくすると雨も上がり、びしょ濡れのTシャツ等を脱ぎタオルで体を拭いて着替えを済ませたが、サーフに戻る気力は失せ棟梁に電話。

持参した“木”でウッドノブを作って欲しいとお願いすると、
棟梁「工場で待っている」と、快く引き受けて下さった。

11時に用があると言われていたので、10:30分までお邪魔し、ゼブラとトチの瘤でウッドノブを1個づつ作って頂く。



左がゼブラ、右がトチ、コーティング後が楽しみです。

棟梁「時間があるなら家に寄っていかない」という言葉で、棟梁の自宅に行くと、ニヤニヤしながら新たなハンドルノブを出してきた。

棟梁「どうかね?」
俺「気に入りました。今度このノブを作ってください」とお願いすると、棟梁の顔が誇らしげに変わった。

棟梁は11時から用があると聞いていたので、新たなノブをお願いして別れる。
腹も減ったので、いつもの蕎麦屋さんに行くとまだ暖簾が出ていない、ご主人に電話すると、
ご主人「申し訳ない、8月から火曜日は休業日にしました。でも、素麺で良かったら作ります」

俺「せっかくの休みを邪魔する気はないので」とお断りし、次に予定していたサーフを見に行く。



下見に来たもののこの濁りを見てやる気消失。

2泊3日の予定で来たが、波予報をチェックすると明日は更に波が高くなるとの事、諦めも付きウッドノブを土産に12時帰宅の途に付く。

今回海を見、海に触れて感じた事は、地上は秋めいて来ているのに、海はまだ真夏だった!


PR
7月6日
今回は棟梁の別宅ではなく、定宿に2泊の予定。
02:30起床、04:50目的地に到着。

久し振りの釣行なので中央エリアに入る。
既に地元の同業者が数名キャストしている。
挨拶しながら状況をお聞きすると、
「昨日までは良かったが今日は未だノーバイト」との事。

専攻者の邪魔にならず良さそうなポイントが有ったのでキャスト開始!
だが、ルアーを替え、攻める位置を替えとことん叩いてみたが、期待とは裏腹にノーバイト!近くの同業者も同じ。

ただ、ドジョウ師がソゲクラスを2枚ゲットしていた。
このポイントを諦めランガン開始すれど、何処を攻めても反応は無い。
ただ、時々ショートバイトは有るが、フラット系の魚種では無さそうだと思っていたら、何かがヒットした。


(ワカシ)

アスリート14SSに喰らい付いたのは20cm位のワカシでした。

もしもこのルアーがベイトだったとしたら、このワカシはどうやって飲み込むのだろうかと、余計な心配をさせられた。



とにかく海は穏やかで申し分ないのですが、如何せんバイトが無い。
10:00ノーバイトのまま午前の部は終了。



午後からは別のサーフに入り干潮時狙いをすると、本日初のバイトが有りヒットしたが直ぐにバラス。

今の引きはソゲクラスなのでバラシたショックは無く、逆にヒントを貰う。
ヒント:今日のヒラメの着き場所は“ショアブレーク”だ!

この後徹底的にショアブレークを攻めると、2度目のヒットもソゲクラスだったがバラシテしまった。

暫くすると、棟梁が様子を見に現われ暫し談笑した後、棟梁が見ている前でキャストを開始するとヒット!

今度は十分な手応え、ハンドルを3,4回まわすと50cmクラスのヒラメが、ブレークに当たって出来た大きな波に持ち上げられ、魚体が見えた瞬間ロッドに掛かっていた負荷が消えた。

棟梁「良いサイズだったのに残念だったね」
ショックだったがめげてもいれず、ショアーブレーク付近を重点的に叩きながらランガンすると、再度バイトが有り合わせを入れるとヘッドシェークする。

マゴチかシーバスがヒットしたと思う間もなくバレてしまった。

己の未熟さに心折れ15:00終了。
過去を振り返ってみても、4回続けてバラシ、ノーフィッシュで終了した事は無く、流石にショック!


7月7日
02:30起床、04:00定宿を出る。



日の出前にサーフに下り、キャストを始めると綺麗な日の出「どうか釣れます様に」と心の中で手を合わす。

昨日ランガンした事で、大体サーフの状態は分かったのだが、何処を攻めても反応が無い。

すれ違う同業者に釣果を尋ねても、誰一人、釣ったと話す人はいなかった。
更に、地元で名人と言われているドジョウ師「今日は潮が悪くて釣れない」と言い、早々に帰宅する。

09:00迄ランガンしたが、全く反応が無いので終了。
昼食をいつもの蕎麦屋さんで済ませ、12:00午後の部をスタートしたが、相変わらずノーバイトで15:00終了。

知り合いに電話を掛け、今日の釣果情報を尋ねたが、釣れた情報は無かったようだ。


(定宿の駐車場に咲いていた)

この花は朝顔に似ているが、一日中咲いている。


7月8日
昨日は20;00に就寝し、今朝は02:00起床、03:30宿を出る。

昨日の悔しさを晴らそうと暗闇の中出撃。


(和田町の街灯が未だ灯っています)

昨日チェックしたポイントの中で、このポイントで釣れなければ、どのポイントを叩いても釣れないと確信できるポイントへ急いだが、一足違いに千倉から来た同業者にポイントを押さえられてしまった。

同業者の動静を観察しながら、不本意な位置からのキャスト開始。
お互い、少しずつ移動しては元に戻るを繰り返す事1時間ほど経過したが、ノーバイト!
更に粘る事1時間、遂に状況が動いた、釣ったのは千倉から来た同業者がジグで50cmのヒラメをゲット!

この頃、S木君とKさんも現われ挨拶を交わすと、
Kさん「元気の無い顔をしていますが、何処か具合でも悪いのですか?」

実は自分でも原因が分からないのだが、今日は何故か、睡眠薬を飲んだ時のように眠くて眠くて立っているのがヤットという状態で、思考力も観察力も無くぼぉ~とした頭で、キャストを繰り返していただけでした。

下げ潮に入り潮の動きが良くなって来たのだが、心身に限界を感じ6時30分KさんとS木君に別れを告げ車に向かう。

だが、先ほどまで居たポイントが気になり振り向くと、地元の同業者が入りヒットした様子。
S木君に電話を掛けて聞くと「いいサイズのマゴチが上がりました」

俺は車に戻り仮眠を取ろうとしたが、涼しいのになかなか寝付けず、仮眠を諦め自宅に向かって運転していると猛烈な眠気に見舞われ、適当な空き地に駐車し仮眠を取り無事帰宅。


7月21日
別用で南房行きが決まっていたので、ついでに泊で釣りをと考え準備していたが、予定時刻に起床する事が出来ず外はあいにくの雨!
更に明日も雨との事なので釣りは中止し、別用だけ済ませ日帰り帰宅。


次回の釣行は9月下旬頃と考えていますので、暫く釣りネタはありません。


※ヒラメは何処に!
6月22日
今朝は02:30起床、04:30棟梁の別宅を出る。

攻めたいポイントは決まっているので、迷い無くポイントに向かうと既に4人先攻者がいる。
皆さん地元の知り合いの方たちで、挨拶を交わす度に惜しげもなく情報を提供してくれました。

端に釣座を構え、皆さんの様子を見ながらキャスト開始。
1時間半ほど付近を叩いたがノーバイト、4人の先行者も同じくノーバイト!

このポイントを諦めランガン開始。
ヨサゲなポイントは沢山あるが、ヒラメは居て食わないのか、居なくて釣れないのか、とにかくノーバイトのまま時は過ぎる。
やっとバイトが有ったと思ったらソゲでした。


(07:40ヒット)

その後はソゲの反応すらなく、10:00に終了し、いつもの蕎麦屋さんで昼食。
11:40午後の部スタート。

午前中に下見した時、気になるポイントを発見していたので、午後からはその付近を徹底的に叩く予定でポイントへ急ぐ。
幸先良く開始間もなくバイト!だが、これもソゲでした。


(12:10ヒット)

暫くキャストを繰り返していると、ブレーク付近でヒット!
今度こそヒラメかと思ったが、引きの違いにガッカリしながらズリ上げる。


(12:30ヒット)



海の条件は良いはずなのだが、相変わらず無反応!

14:00過ぎ、久々のバイトに心躍るが、ハンドルを回している内に気持ちはどんどん落ち込んでいく。


(14:10ヒット)

15:30流石に釣れる気がしなくなり終了。ヒラメは何処に居るの!


※大雨洪水注意報!
6月23日
起床予定の時間に激しい雨が降り出し、止みそうもないので今日は中止し、二度寝をしていると一本の電話!

眠気眼で携帯を見ると、06:03棟梁からの電話でした。

棟梁「今何処に居るの」
俺「布団の中です」
棟梁「今、入れ食い状態で、ヒラメ2枚と鱸2本釣り、未だ、ヒラメと鱸が乱舞している」
俺「今から準備しても1時間後になりそうです」
棟梁「俺は満足したので帰るが、良かったら来てみたら」
俺は飛び起き、食事の準備を始めたころから雨脚が強まってきた。

朝食を始めた頃には豪雨になり、外で緊急放送のアナウンスが、耳を澄ませて聞くと「只今、大雨洪水注意報が発令されました」
このアナウンスで出撃は中止し、三度寝を決め込む。

10時頃目覚め豪雨の中コインランドリーに行き、洗濯機が回っている間に近くのスーパーで買出しを済ませる。

帰り道では、坂道の轍に溜まった雨水で前が見えなくなり、ハンドルを取られ肝を冷やしました。

後で棟梁に今朝の様子を詳しくお聞きすると、棟梁が出撃した5時頃は、雨はほとんど降っていなかったそうです。



夕方近くに雨も上がり、サーフを見に行くと何処もチョコレートドリンク状態!


※ああ~無常!
6月24日
今日は気合が入っている。02:00起床、03:30棟梁の別宅を出る。

昨日棟梁が入れ食ったポイントに一番乗りし、薄暗い海を見ると昨日の夕方見た時より濁りが濃いようだ。



一番良さそうなポイントに入りキャストしていると、昨日の情報が伝わったようで、続々と地元の同業者が現われた。

だが、1時間ほど叩いたが全員ノーバイト!
昨日、唯一水色の良かったエリアへ車で移動すると、地元の同業者もバイクで来たが、このエリアも全員ノーバイトで全滅!



一昨日まで硬かった砂浜も、昨日の豪雨で泥が流れ出し堆積した所為か、歩くと5cmほど沈みズボズボ状態になっている。
水色の良さそうなエリアを探し、午後からも叩いたが、無常にも今日はノーバイトで終了。

※清掃後帰宅!
6月25日
08:00起床、朝食を済ませ、お世話になった棟梁の別宅の掃除を済ませ、棟梁に家の鍵をお返しし、11:00帰宅の途に就く


(シロナガスクジラの骨)

棟梁の別宅に宿泊している間、車は夜間徒歩2分ほどの距離に有るここの駐車場に止めていました。


1月中旬~約3ヶ月間、体調不良でドクターストップが掛かり、サーフフィッシングが出来ない状態でしたので、
6月という折り返し点で釣果を調べてみると、以下のような種類と数が出ました。


6月30日現在
ヒ  ラ  メ  : 40cm~70cm  40枚
ソ    ゲ : 手の平~39cm  31枚
真    鯛 :               53cm   1枚
黒    鯛 :        45cm      1枚
マ  ゴ  チ:        50cm      2匹
シーバス:  60cm~73cm      7匹

前半で息切れしたのか、7月に入ってからの絶不調を考えると、後半はどうなる事やら…



※ジンクス!
6月20日(月)
02:00起床、05:00前に現地到着。
準備を済ませサーフに下りると、既に地元の同業者数名が良さそうなポイントを占拠している。

知り合いばかりなので一通り挨拶をし、一ヶ所気になるポイントが有り、邪魔になりそうもないのでキャスト開始。
第一投目でバイト有り、合わせを入れると強烈な引き。

ドラグ調整が緩かったのかドラグが鳴り通し、徐々にドラグを締めとテールウォークが始まり、シーバスと分かったのでユトリを持ってファイトを楽しむ。



バラス事も無く、無事ゲットすることが出来た。
とにかく丸鱸と言われるだけ有って、丸々と太ったシーバスでした。
早速、棟梁にシーバスが釣れた事を連絡すると、取りに来て頂けるとの事。



データー:05:00ゲット、ヒラメ体長72cm、ジャクソン ビンテールチューン27 ダブルアカキン


朝一でこのシーバスのファイトを味わい目も体も覚醒したが、嫌な予感が走る。
実は過去に2回、当日の一投目でゲットした日は、何故か、その後はノーバイトで終了していると言う嫌なジンクスが有る。


(棟梁です)

棟梁がシーバスを取りに来て、そのまま並んでキャストする事になった。
結局その後は誰にもバイトが無い所為か、それぞれポイントから離れ始めた。
俺もランガンしたが、行く先々にゴミが浮いているか打ち上げられていて釣り辛い。



そしてジンクスどうりノーバイトで一日が終る。


※ノーバイト!
6月21日(火)
昨日シーバスが釣れたポイントに入り叩いたが、ノーバイト!周りにいた同業者のロッドも曲がる事は無く、06:30頃には皆さん御帰宅。

08:30までランガンしたが、このサーフでは俺を相手にしてくれるヒラメは居ない様なので車で移動!



目的地に着き、1時間ほどランガンしていると雨が降り出し、間もなく本降りになり撤収!

棟梁の別宅に戻り、タックル整備を済ませると、他にする事も無いのでビールを飲んで昼寝。

15:00ころ目覚めたら晴れていたが、何もかもやる気がしないので、歩いて2分足らずの仁我浦海岸に行き、海を眺めて酔い覚まし。

夕方、また飲んで就寝。(ぐうたらな一日でした)


6月10日(金) 中潮  晴 北東風 波予報 1.5m
日の出:04:20  日の入:18:52
水温:20.3℃
干潮:01:36  14:00
満潮:06:57  21:00

今回の釣行では、早朝以外ほとんど釣れないと実感し、今朝は02:00起床し、03:50棟梁の別宅を出る。

今年初めて日の出前にサーフに立つ!
今日も懲りずに昨日惨敗したポイントを目指して歩いていると、目指すポイントには既に棟梁はじめ地元の同業者が5人入っている。
邪魔にならない所に入りキャスト開始。

間もなく、地元の同業者がヒラメをゲットする。
嫌な予感がしたが、キャストを繰り返していると俺にも待望のバイト!
合わせを入れハンドルを回すと明らかにヒラメの引き。

慎重にハンドルを回していると、一瞬バレタ様な感じがロッドを伝って来たが、その直後から横に走り出しやたら重い。

隣の同業者にルアーを回収して頂きファイト続行、何とかヅリ上げると、ヒラメの鰓蓋付近と胸鰭にフックが掛かっていました。



途中で外れたが、うまくボディーにフッキングしたようです


(フックの位置は変えました)

データー:04:50ゲット、ヒラメ体長50cm、ジャクソン ビンテールチューン27 アカハライワシ





2枚の写真の撮影時間は04:55でした。
その後同業者が1枚ゲットしたが、それ以降誰のロットも曲がらなかった。

07:00頃になると地元の同業者は帰るので、暫くポイントを休ませ満潮後に戻って攻めようと考え、ランガン開始。
条件的に申し分ないポイントは有るが反応は無い。

早朝は快晴だったのに、初めて日の出前にサーフに立った事で、お天道様が驚いたのか雨が降り出してきた。

この雨で、粘っていた同業者も諦めが付いたのか、サーフは一変しがら空き状態になる。
ランガンを続けていると本日2度目のバイト!
引き応えからするとヒラメサイズかと思ったが、40cm弱のソゲでした。


(08:10ヒット)

このソゲで、期待感は高まったが後が続かず、09:30に終了し、お願いしていたハンドルノブ(黒柿、カリン)を頂に棟梁の工場に行き、12:00迄過ごす。



昼食はいつもの蕎麦屋さんで済ませ、13:00午後の部スタート!
雰囲気は良いのだがノーバイト、何が悪いのか分からないまま時だけが無常に過ぎて行く。

そんな中、突然のバイトに狼狽しながらも合わせを入れると確かな生命感、慎重にハンドルを回し、期待したが姿を現したのは40cm弱のソゲでした。


(15:10ヒット)

16:00迄叩いたが、その後はノーバイトで終了し、棟梁の別宅に帰る。
17:30晩酌の準備をしていると棟梁が現れ

棟梁「俺が今日獲ったカキだけど酒のツマミにどうぞ」と差し出され、更に
棟梁「ヒラメのお返しにビワを貰ったから、奥さんの土産に持って帰って」と差し出された枇杷、3kg入りのケースに一個づつ袋に包まった高級品の房総(ブランド)枇杷でした。
俺「ありがたく頂戴します」
てな訳で、晩酌の肴が一品増えました。

6月11日(月)
08:00起床、久し振りに淹れたてのドリップコーヒーを飲みながらノンビリと朝食、
食後、お世話になった棟梁の別宅の掃除を済ませ、家のキーを棟梁にお返しし、帰宅の途に就く。


タックルデーター
ロ ッ ド   :  ダイワ ブランジーノAGS1010MML
リール  :  15 イグジスト 3012H
リーダー :  バリバス22Lb(NYLON)
ル ア ー : シマノ ヒラメミノーⅡ125S マイワシ
ル ア ー :  ジャクソン ピンテールチューン27 アカハライワシ 
ラ イ ン  :  PE1.2号
ノ  ブ    :  トチ


HOMENext ≫
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]