忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月27日
今回の釣行は2泊3日の予定、21:00ベットに付いたがなかなか寝付けず、寝返りを何度も繰り返しているうちに寝付いたようだ。

03:00起床、館山道で通行止めの箇所があり一度降ろされたが、05:50目的の駐車場に到着。
少ないとは言え既に5台駐車している、その内の4台には搭乗者は居ない。

そんな中、以前お会いした同業者も準備の最中だったが、お互い目が合い挨拶。
06:05準備終了、歩き始めると先ほどの同業者が近づいて来た。

目指す方向は同じようなので、彼と並んでサーフに向かっている時の彼の話。

昨日は勝浦で釣り始め、南下して昨夜は江見漁港でアジングしたが、釣れず、南下するほど濁りが酷くなって来たとの事。
彼の話を聞き嫌な予感がしたが、2ヵ月半ぶりの海を見た瞬間嫌な予感は的中!、溜息が漏れる。



波予報とはかけ離れた海の状況、ウネリを伴う高い波と濁りの濃さに暫し呆然!

サーフに下りると彼は南に向かったので、俺は北に向かい水温を計ると25.3℃、明日以降の為にサーフ状況の収集。



白波ではなく泡状態の波が押し寄せる。
これだけの泡が立つという事は、水質が悪くベイトは寄っていないだろうと推測し、更に北へ移動。

北に行くほど遠浅で、高い波の影響で波足も長く釣りは成立しない。
キャスト出来そうな場所で、試しにキャストしてみるも反応は全く無い。

ウオーキングを兼ねて更に北へ移動していると、霧雨が降り始め徐々に本降りに変わる。
そのうち晴れるだろうと思っていたが、止む気配は無いし、雨宿り出来そうな場所もないので車に戻ることにした。

だが、駐車場まで約2.5km、結局サーフを約2時間徘徊し、状況収集は中止!



本降りの中ひたすら駐車場に向かって歩いている時に、癒してくれた花。

ハットもTシャツもびしょ濡れだが、気温が高かった為か寒さは感じず心地好く感じた。



08:00駐車場に戻って見ると一台も車は止まっていない、5.6人居た同業者は既に撤収したようだ。

しばらくすると雨も上がり、びしょ濡れのTシャツ等を脱ぎタオルで体を拭いて着替えを済ませたが、サーフに戻る気力は失せ棟梁に電話。

持参した“木”でウッドノブを作って欲しいとお願いすると、
棟梁「工場で待っている」と、快く引き受けて下さった。

11時に用があると言われていたので、10:30分までお邪魔し、ゼブラとトチの瘤でウッドノブを1個づつ作って頂く。



左がゼブラ、右がトチ、コーティング後が楽しみです。

棟梁「時間があるなら家に寄っていかない」という言葉で、棟梁の自宅に行くと、ニヤニヤしながら新たなハンドルノブを出してきた。

棟梁「どうかね?」
俺「気に入りました。今度このノブを作ってください」とお願いすると、棟梁の顔が誇らしげに変わった。

棟梁は11時から用があると聞いていたので、新たなノブをお願いして別れる。
腹も減ったので、いつもの蕎麦屋さんに行くとまだ暖簾が出ていない、ご主人に電話すると、
ご主人「申し訳ない、8月から火曜日は休業日にしました。でも、素麺で良かったら作ります」

俺「せっかくの休みを邪魔する気はないので」とお断りし、次に予定していたサーフを見に行く。



下見に来たもののこの濁りを見てやる気消失。

2泊3日の予定で来たが、波予報をチェックすると明日は更に波が高くなるとの事、諦めも付きウッドノブを土産に12時帰宅の途に付く。

今回海を見、海に触れて感じた事は、地上は秋めいて来ているのに、海はまだ真夏だった!


PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]