忍者ブログ

11 05日(火)中潮 晴れ 波予報2m 

日の出  0602 日の入1638 

水 温 19.8

干 潮 1115/ 2341

満 潮 0555/ 1644

昨夜は9時に就寝したが、0時前に目が覚めトイレ、
その後はなかなか寝付けず
02:30起床、睡眠が浅いのは歳のせいでしょうか

道中、雨には遭遇しなかったが、目的地に近付くほど道路が濡れている。

駐車場に付くと既に同業者の車が4
暗い中、何かに追われるように慌ただしく準備を済ませサーフに下りていった。

薄明るくなるまで車中で待機する事20分、
車外に出ると駐車場脇の川は雨の影響
で泥濁り。

潮はどっちに流れているのだろうか、泥濁りを避けるため川を境に潮上に行こう」とサーフに下りる。先攻した同業者は全て南方面に居る。



俺は、潮が南に流れていたので北に向かう事にしたが、潮色は余り良くない。

だが、北に向かうほど徐々に潮色も良くなって来たが、イマイチ納得出る潮色ではない。

付近には誰も居ないので遠慮なく叩けたが、ノーバイト!


更に北に向かってランガンしていると
10程の人影、近付いて見ると地元の釣り師。

挨拶を交わすと早速情報が「昨日、ドジョウ師のTさんが50cmクラスを3枚と手のひらサイズのソゲを上げたが、Tさん以外は誰も釣れなかった」との事。

今日の釣果を尋ねると「未だ誰も釣れていない

Tさんも居たので話を聞くと「昨日は潮の色が良かったが、今日は潮の色が悪く全くアタリが無い

暫く付近でキャストを繰り返したが、誰も釣れず1人消え2人消え・・・
いつの間にか俺1人になった。

暫くポイントを休ませる意味でランガン開始。

だが、反応が無いまま時間だけが経過「そろそろ良いかも」と、
休ませたポイントに戻り、誰も居ないポイントでキャスト再開。

粘った結果、待望のバイトに感激しながらハンドルを回す。

ヒラメの引きと横潮が重なりかなり重い、ズリ上げてみるとアレッ?て思うサイズでした。

 

データー:09:50ゲット、42cm、水温20.3
サイレントアサシン129 ハデイワシ

サイズ的にリリースも考えたが、土産用にキープする事に決め、〆る。


その後も付近一帯此処はと思うホイントを叩きまくったが、反応が無いまま
11:00終了。

ヒラメをぶら下げて駐車場に戻ると、若いアングラーが近付いて来て


彼「よく釣れましたね。どちらの方で釣りましたか

俺「北側です

彼「南側は濁っていて全員釣れず帰りました

俺「やはりそうでしたか

1時間ほど彼から質問攻めにあいました。

彼は用があるので帰るとの事、俺は何時もの蕎麦屋さんに直行。

食後、午後からは別のサーフと思い2ヶ所見て回ったが、
感じるものが無かったので朝の駐車場に戻る。


(調査に行ったサーフに咲いていました)

すると、別れた彼も戻って来た。


俺「アレッ帰らなかったの」と尋ねると

彼「午後の予定をキャンセルしました。付いて行って良いですか?

俺「付いて来るのはかまわないが、釣れる気がしないがいいですか

そんな訳で、俺流のポイント選別、俺流のルアーフィッシングの考え方、
メンタルな部分等々を話しながら
16:00まで叩いたが、2人ともノーバイトで終了。

最後に宿題を出し「次に会った時、出来ていなかったら口は利かないからね

彼「ハイ分かりました。帰ったら早速直して練習します

彼はこの釣りを始めて1年足らずとの事。

お互い名乗らず別れましたが、実に爽やかな好青年でした。

ヒラメを土産に宿に帰る。

 

明日に続く

 

タックルデータ

ロッド  :ダイワ MORETHAN  AGS10’9” MML

リール  :ダイワ  イグジストハイパーカスタム3012

ノ ブ  :黒 柿

ライン  :よつあみ ガリスウルトラジグマンWX8 PE  1.2

リーダー:VARIVAS ショックリーダー 22Lb

ルアー  :サイレントアサシン129Sハデイワシ

フック  :カルティバ STX58 4





PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]