忍者ブログ

10月13日(木)
大潮 水温23.6℃ 
晴れ時々曇り 波予報1.5m
日の出  05:41 日の入17:05
干 潮 10:49  23:08
満 潮 05:07  16:34

又、今日もソゲ!ヒラメとは無縁の釣行を重ねノタウチ回っている今日この頃ですが、
皆さんは如何お過ごしでしょうか?

05:00現地到着、せわしく準備を済ませサーフに下りる。
サーフを見渡すと、遠浅状態のうえ満潮時とあってポイントが遠すぎる。
キャスト出来るポイントはおのずと絞られ、掘れて良さそうなポイントには地元アングラーが
数名ずつ張り付いている。

サーフの状況を見ながら移動していると、良さそうなポイントに蕎麦屋さんのご主人と他に2人、
挨拶をと思い近づいて行くと最も良いポイントに立っていたアングラー(Tさん)にヒット!
ゲットされたヒラメは約50cm。
メーンポイントから少し離れていたがアングラー同士の間隔が開いていたので割り込ませて頂き、実釣開始。
7,8投目でヒラメ独特の押さえ込むようなバイト、フックアップを入れハンドルを回すと
重量感のある引き「ヒラメだ」と確信!慎重に対応したが、
途中で抵抗感が無くなりハンドルも軽くなりルアーだけ回収(涙)
少し悔しかったが、早い時間にヒットして来たので、
まだまだバイトは有るだろうと高を括っていたが以後ノーバイト。
因みに、Tさんは釣った場所から一歩も動かずキャストを繰り返し更に一枚追加。
「今朝は何時頃から始めたんですか?」
Tさん「昨日、良いサイズが上がったので4時過ぎから場所取りに来ていました…」
2日間で同じポイントでヒラメ3枚。羨ましい!
1歩も動かなかった訳が分り、これ以上居てもTさんは動きそうも無いし、
メーンポイントに近付けば邪魔になりそうだし、潮も引いて来たので止む無くラン&ガン開始。

ラン&ガンを始めると、K君が現れ一緒に行動。
08:20、ヒット! フックアップした瞬間はヒラメかなと思ったが、直ぐに軽くなり本日最初のソゲ(40cm弱)

eefc9829.jpeg

10:05、ヒット! 2匹目はパンダソゲでした。

8502cbc0.jpeg

その後、ショートバイトが2回あったがフックアップに至らず、10:30終了。
因みに、K君も2バイト有ったようだが、ノーフィッシュで終了。

昼食は、和田漁港の蕎麦屋さん(はなうら)で。

ffb92be1.jpeg

10月から新ソバになりました。
美味しいですよ!!!

13:00実釣再開。
ラン&ガンを繰り返しながら、可能性のあるポイントを叩き続けるが“ヒラメちゃんは無愛想”
それでもメゲズにキャストを繰り返していると、強烈なバイト!
「ヨッシャ~」とフックアップを入れると強烈な引きドラグが鳴りラインが出て行く。
シイラかシーバスかと思って沖を見てもジャンプ&エラアライをしない
「幾らヒラメが釣れなくてもサメは勘弁してくれよ」とボヤキながら
ハンドルから手を離しバットに左手を添えて耐える。
勢いが収まって来た頃合を見てポンピングするが簡単には寄らない、
ヤット、ブレークをクリアしてもファイトは続く、が、サメの背びれは見えない、
獲物は何だろうかと考えながらロッドを立てバックしながらズリ揚げると
50cm弱のショゴ! 13:50ゲット。

c9973c63.jpeg

「この小さい魚体の何処にこれだけのパワーが潜んでいるんだ」と感嘆しきり。
その後はバイトも無く17:00終了。

今日を振り返って
“1かゼロ”の釣りでワンチャンスをモノに出来ない己に、だんだん腹が立ってきた一日でした。

タックルデーター
ロッド  :ダイワ ブランジーノ107LML フルムーンカスタム
リール  :イグジストハイパーカスタム 3012
ノ ブ :  黒檀
ライン  :バークレー トレンサーブレンド 1号(18Lb)
リーダー:VARIVAS ショックリーダー 20Lb
ルアー  :シマノ アサシン140S
ルアー  :ジャクソン ピンテールチューン27
 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]