忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俺のブログを見たアングラーの方々から
ピンテールチューンをどの様に使っているのですか?」 
との質問をされる事が多くなりました。

俺流のチューニング方法を丁寧に説明すると、
皆さん「ありがとうございました、早速試してみます」と、嬉しそうにお礼を言われます。

元来ピンテールチューン 27は青物用に製作され、
高速リトリーブを前提に設計されているようですが、
ヒラメ用にボトムレンジを後略するときとか、向い風のときや、
遠いポイントを攻める時に使いたくてチューニング (チョットオーバーかな) してみました。

 
(ピンテールチューン27 フィニッシュカタクチ)
2ヶ所手を加えていますが、お分かりでしょうか?

俺の場合、ファーストリトリーブでリアクションバイトを狙う事はせず、
ヒラメにルアーを見せて喰わせるイメージで、
ミデアムないしスローリトリーブで、潮流を感じながら(ただ巻き)ハンドルを回しています。 

このスピードですと、ピンテールチューン 27の泳ぎは散漫で、
イメージどおりに泳いでくれません。

俺のイメージ:小魚が逃げ惑うような泳ぎ!

そんな時、バスフィッシングに嵌まっていた頃、
ミノーの泳ぎが悪いとき、ラインアイを下げると泳ぎが変わる事を思い出し、
試してみると、殊の外上手に泳ぐでは有りませんか。

一昨年“苦しい時のピンテールチューン27頼み

その頼みに応えてくれ素晴らしい釣果を得ることが出来、
ブログに載る機会も多かったかと思います。

 

上段は市販のままです。下段はアイを下げましたが、下げ過ぎです。
下げ過ぎるとオーバーアクションになり、上手く泳ぎません。


 

上段は市販のままです。下段はアイを下げましたが、やや下げ過ぎかな。


 

上段は市販のままです。下段のアイの角度がちょうど良いかと思います。

 ※此処で注意!

 
(良い例)
下げたアイは、必ずリップのセンターに位置するようにして下さい。

 
(悪い例)
アイが左右どちらかに片寄ると、ルアーは傾いたまま泳ぎません。

※位置が決まったら
アイを動かすとルアーとの間に隙間が出来ますし、
補強をかねてアロンアルファーを一滴垂らす事をお勧めします。

※もう1つ手を加えたところ
今年から、テールのフックサイズを変えました。
テールフックをフロントフックに比べ、ワンサイズアップしてみました。
大きなウォブリングを押さえ、ナチュラルなウォブリングになるのではないかと
 (俺の思い込みかも知れませんが)
 
今年は未だ、ヒラメ2匹とソゲ4匹しか釣っていませんが、
その内のヒラメ1匹とソゲ4匹はピンテールチューン27で釣りました。 



PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]