忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月20日、チョコボさんに頼まれたウッドノブが出来上がる。

 
(調整したウッドノブ。上が紫檀、下がチェリーウッド)

プレゼントとセッションを兼ね、チョコボさんとビリケンさんに連絡を取り、
25日現地駐車場で合流することになった。

 

7月24日 

遅刻防止と事前調査を兼ねて今日出撃する事にした。

明日、叩く予定の海岸に下りると、既に10人ほどの同業者がキャストしている。

邪魔にならずにヨサゲなポイントに入り実釣開始。

周りの同業者からは、未だ誰も釣れていないとの情報。

30分ほど付近を叩いていたらバイト!合わせを入れハンドルを回すと、
確かな生命反応!ワクワクしながらズリ上げると、ソゲでした。

 
(40cm弱、04:50ゲット、即、リリース)


その後、反応が無いままランガンすると、ショゴが
06:1007:50にそれぞれ1匹。

 
(全てリリース)


07:00
頃には同業者は一人もいなくなり、サーフで徘徊しているのは俺だけ。

08:00暫く休憩。潮が引きブレーク付近まで立ち込めるエリアでキャスト再会。



(ワカシが時々掛かるが、全てリリース)

09:00頃、バイト!合わせを入れると今日一番のファイト!
思わず笑みがこぼれる。

ヘッドシェークを繰り返す「マゴチだ」と感じながらハンドルを回す、
ブレークを超えた
50UPのマゴチの姿を確認。

だが、その瞬間ロッドにかかっていた負荷が消え、引き波と共にマゴチも消えた。

ワンチャンスをモノに出来ず折れかけた心を奮い立たせ
キャストすること
10分、生命反応!合わせを入れハンドルを回す
明らかなヒラメの引きに気を良くしたが、またもやバラシテしまった。
二度もバラスとは、ヘタクソ!!!己に腹が立ち完全に凹む

その後もワカシは掛かるが、本命の反応はない、
そろそろ終了しようかと思い始めた頃、ブレーク付近で強力なバイト!
ヤタラ重量感のある引きだったが、意外と早くブレークを超えた。

だが、それ以上は寄らない、そして引き波と共にブレーク落ち、
ヒラメのスレ掛か?アカエイか?判断為兼ねながらファイトをしたが、
アカエイと分かりファイトを止めてナチュラルリリースで
11:30終了。 

昼食に蕎麦屋さんへ行き今日の情報を聞く。

御主人「自分はゼロで情報ではソゲが2枚上がっただけ、夏枯れですね」との事。

午後からの釣りは止め、棟梁の加工場にお邪魔。

 

多くの人から「ウッドノブはどうやって脱着するのか」と言う質問にお答えします。

工具は、ノギス、万力、金鋸、ヤスリ数種類

先ずアダプター作りから始まります。


(写真NO1)

ステンレスパイプをカットし、下記の長さに整える。

A:外径8mm、内径7mm、長さ35mm

B:外径7mm、内径6mm、長さ20.5mm

C:外径6mm、内径4mm、長さ20.5mm

 

ハンドルシャフトの径:4mm、長さ25,8mm

ベアリングの外径:7mm、内径4mm、厚さ2.5mm×2

ワッシャの外径:7mm、内径4mm、厚さ0.2mm0.4mm

写真NO1のBとCを接着したパーツとAパーツ





サイドをベアリングで挟み微調整、ガタがあるならワッシャで調節。






ベアリングを外し、パーツAにB+Cのパーツを接着。


この時の注意、ハンドルシャフトの付け根に有る凸+ベアリングの厚さ=
3.8mmの空間を取り接着。

後は、ウッドノブとアダプターの密着状態を確認し、調整した後ウッドノブを差し込んで終了。

但し、メーカーとリールサイズが変わると、この限りではない。


 
(写真NO4)


ウッドノブを外す時は、ハンドルとウッドノブを持ち左右に引っ張れば、
ワインのコルク栓を抜いた時のように「スポンッ」と音がして外れる。


PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
釣りキチ親父
性別:
男性
趣味:
海釣り
自己紹介:
バス釣り引退後
房総のサーフをメインにルアーフィッシングを堪能中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
潮汐表【館山】

Copyright © [ 釣りキチ親父 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]